2015-01-27-130754.jpg
2015-01-27-130758.jpg


前回言ってた天才型の決勝直前の画像。

卒業時は、下は伸びなかったものの、上はミートと捕球が100になり満足。


初期能力が低かったので、カンストは無理ですね。これでも5連覇の選手です。


卒業後、世代交代して良い選手は入ってきませんでしたが、

方法を変えるだけでどんな年であろうと問題なく連覇継続できました。

前回も少し書きましたが、今回は本格的に書いていきます。













選手育成のポイント






投手


まずは、スタミナやコントロール、球速よりも変化球に注目してください

大抵2球種持ちが多いはずですが、各変化量を全て2以上にすること

1だと確実に打たれるのでそれだけは防いでください

3球種などの変化量1を上げるのは厳しいですが、それでも優先に

変化量2でも、不調、絶不調などで変化量が1減ってしまうので、

その場合は、他の投手候補を使うことをお勧めします


変化量が2になったら、次はスタミナをD~C程度に上げます

キャッチャーB以上がなければ、C以上に上げたほうがいいです

コントロールはCまで上げれば、後は試合で自動的にB~Aまで到達します

球速は2年秋頃から重視していけばいいでしょう






捕手


前回にも言った、キャッチャーAやBが非常に連覇に重要になります

キャッチャーの入手法は、特訓マス、本、合宿中ですが、

どれも取得率が低く、+2にするには相当の運が必要です

合宿中に取得を狙いたい場合、指定選手をノリノリにさせてからをお勧めします

また、最低限にキャッチャーを取得するためにも、

1年生や2年生などにはキャッチャーのサブポジを最大限に付けさせると、

取得できるチャンスの範囲が増えるのでお勧めです


捕手は、基本的に能力は万能でいいと思いますが、

試合のことを考えると、肩力、守力、ミート、パワーを強化したほうがいいと思います









二遊間


2014ではしばしば9回に打ち込まれる場面を見た人が多いと思います

実はというと、打ち込まれてるわけでなく、守備が遅く取れないだけなのです

セカンドとショートが捕手以外の野手で一番重要なので、

走力と守備力を最低D以上にして挑んでください

どうしてもポジションがいなければ、他の該当した選手をコンバートしてください

走力と守備が上がれば、次に捕球をC以上に

これで守備側は万全なので、運というものはなくなります







三塁手


肩力と捕球をC以上に優先して、

できれば後はプレイヤーの好きにしていいと思います

サードは基本的に内野安打防ぎとエラー防ぎが重要なだけなので







その他野手


走力、肩力、守備、捕球がDあれば問題ないと思います

投手陣が不安な場合は、走力、守備を中心に上げれば大丈夫です

肩力でホームアウトにできる時はあまりないので、そこまで気にしないこと







後期共通野手


2年目秋のころからは、守備型だけでなく、パワー型も必要になってきます

普通に連覇していれば守備重視でも、オールCは可能なので

ミートやパワーは2年秋の試合終了後に強化をお勧めします








天才型の育成


試合では必ず急成長を使うこと

使えない場合は守備交代などして無理にでも使うこと

天才は伸びがいいので、後期までは万能型でいいと思います

3年目春頃からは、自分の伸ばしたい能力強化にどうぞ

オールカンストさせたいなら、転生OB天才や、オールD+C以上が最低条件








試合の采配について


試合前の選ぶ3人は信頼度優先だが、投手は地雷

転がす、犠牲フライ、待ては今作全然使えないので選ばないように


野手は、


引っ張り>ヒットエンドラン>おまかせ>流し打ち>その他


ヒットエンドランは、ランナー1塁時に決まりやすいのでお勧め

スクイズは、信頼度関係なくランナー3塁時に決まりやすいので負け越しに

盗塁は今作弱体化されましたが、走力B以上なら、肩守備Cでも決まるので、

調子が普通以下なら積極的に狙う



投手は、


緩急>低め>打たれて取る>高め低めおまかせ

打たれて取るは、どうしてもアウトを取りたいときに有効だが、

外野フライになりやすく、犠牲点や進塁しやすい点に注意

敬遠はゲッツー策に有効なので、

投手守備が万全なら活用していくとよい



応援だが、マックスまで応援したほうが信頼度が上がりやすいので、

信頼度が足りないときは積極的に





采配スキル

正直、自分は甲子園優勝に、全く魔物は使いませんが…


魔物>究極の思考、揺さぶり、黄色い声援、威圧>その他


魔物は最近あまり使ってないのですが、相手がエラー連発するというチート

とは言え、今作は弱体化した上、何故かAランクに効果が効きにくい

世間からはズルして勝ったように思われるので、あまり使わないほうがいい

この記事の育成通りにいったら、魔物なんで全く必要ないはずですが

才能開花は微妙ですね、過去はパワーカンストとかなのですが…








采配の場面



打者時


ノーランナー時 → 引っ張りor流しorおまかせ


ランナー1塁時 → ヒットエンドランor引っ張り


ランナー13塁時→ 2アウトのヒットエンドランはよく決まる


ランナー3塁時、満塁 → ノーアウトならスクイズ一択 引っ張りでも




投手時


9回表裏以降 → 緩急低め ランナー出たら敬遠or打たれて取る

ピンチ時 → 3塁なら緩急低め 以外なら打たれて取るor緩急低め

四球時 → 緩急一択

バントの構え →一球外す+バント警戒







強振などの多様について


野手は強振多様+積極打法一択

投手はゲッツーならゲッツーシフト バントはバントシフト

変化球中心がお勧め


コマンドですが、オートが地雷なので注意

結構な確率で三振を築くので、1球1球采配を中断して行う






試合以外について



パネルの重要度


特訓マス>星マス>白マス>青マス>緑マス>赤マス


青より白? という意見を持つ人も多いと思いますが、

実は、白のほうが練習効率UPや、何かして欲しいこと、こんなもの見つけたイベントが多く、

青イベントは、大抵テンションUPや信頼度少UPなどなのです 



特訓パネルは、捕手のキャッチャー優先

自分の育成したい選手がいるならそっち優先でも大丈夫



星パネルは、特訓マス、アイドルがいる方向へ進行





お助けの重要度

アイドル → 激熱 練習効率UPor数人かなりUPorテンションUPの3分の2 優先

プロ野球選手 → 普通 どうしても気に入った選手の赤得能を消したければ 特訓を消す

食べ物屋 → 熱い 低確率で基礎+5だが、Bでも上がったため、結構使える

ミゾット社員 → 前期の器具が揃ってなければ優先 後期は耐性要因

本屋 → レアな特殊能力を取れる優秀なお助けだが、抽選率が低く狙えない

ショップ屋 → 微妙だが、参考書や機材手入れが入手できるのでハズレではない

職人 → 能力を上げる道具をくれるので優秀だが、本屋と同じく抽選率が低め

スカウト → 序盤なら少し使えたが、後期はハズレ

占い師 → 内気が欲しい人向け、

ならずもの → 気に入った選手がいるなら熱い、パネル再抽選が優秀

看護師 → 緑マスの上位互換、合宿後に強いが、そもそも体力重視するのが面倒












常に甲子園連覇する重要なのは次世代の準備



甲子園優勝→予選敗北 と暗黒期に入る人が多いと思いますが

何故そうなったのかという大抵の原因は、3年生が消えたからです

3年の消滅により、信頼度不足や、弱い選手ばかりになるからです

暗黒期にならないためにも、準備が必要です




3年生の夏の大会の前に、2年生のステータスを催促しておく

この時点で、投手なら変化量1がないか 野手なら守備走力が足りてるか

信頼度が足りない場合は、大会に下級生を出しておく 最低でもベンチ入りに

3年生が抜けた場合のチーム力を判断しておく



最初にも言ったキャッチャーABですが、

取得した選手が卒業する前に、他にも取得した選手を用意しないといけない

いない場合は、できるだけ投手のステータスを上げておくため、投手力重視に切り替える

こういった準備を考えて、次の世代を強化していかないといけません




一度二度優勝したからといって、ここで終わるとまた波が荒れますからね



とまあこんな感じですね。

この通りにやってれば、5連覇は軽いものです。

自分は内2年間はキャッチャーDしかいなかったんですが、

打撃力守備力共に助けられ、無事優勝することもできました。

その時は、強いOBもいなかったですが、大丈夫だったようです。

はっきり言いますが、現在7連覇しているのですが、

相手ランクがAカンストであろうとボコボコにしています。

投手は基本甲子園では無失点か1失点ですし。

2015-01-27-131630.jpg
※6連覇目の甲子園決勝

各年の投手の防御率は平均こんなものです。

次の目標は10連覇できたらまた更新しようかなと思います。


現在パワプロ2014はほとんどの人がスマートフォンに流れてしまい過疎化が進んでますが、

自分は次の2015が発売されるまで更新しようと思ってます。

どうもこれからもよろしくおねがいします。

以上攻略記事でした。




関連記事
2015.01.28 Wed l パワプロ2014 l コメント (0) トラックバック (0) l top




甲子園優勝連覇を狙うためには以下の準備が必要




キャッチャーB以上のキャッチャーの確保

予選までは誤魔化せるが、甲子園に入ると炎上率高+高確率でエース降板

持っていると、炎上はしにくく、9回までスタミナが保つので必須




変化球投手の変化量は全て2以上

変化量1の投手は高確率で打ちこまれる

間違っても変化量1を2つ持ってる投手を登板させないように

どうしようもないときはアイテムを使ってでも回避するように





二遊間は守備走力エラー回避が重要

高いランクのチームになってくると、度々二遊間を襲ってくる

能力が低いと取れる打球も全部外野ヒットになってしまうので注意

最低でも守備や走力はC以上にすることをお勧めする




采配の一部は地雷があるので注意

今作から弱体化したコマンドがあるのでそこを気を付ければ問題なし

野手は信頼度も重要だが、3以上あれば


引っ張り>ヒットエンドラン>流し打ち>おまかせ  を優先しよう


ランナー3塁などのスクイズは結構有利なので、1点ビバインドなどに有効

転がし、犠牲フライなどは失敗が多いので使わないほうがいい





ランクについて


オールSや、スーパーエースを作るためには、強豪維持が必要条件


オールSは基本天才型でなければ不可能なので、天才が出たら積極的に狙おう

オールSは初期能力にもよりますが、甲子園優勝を2~3回はしないと厳しいと思います

オールSカンストは、天才型での高初期能力+甲子園5連覇でようやく到達なくらい?


現在、自分は天才型が出て、今のところ4連続甲子園優勝を達成してますが、

全くオールSカンストには届きません…



初期能力→EDEDDC と DDEDDD  弱い…



次回に仕上がった天才選手を予定しています。




関連記事
2015.01.27 Tue l パワプロ2014 l コメント (0) トラックバック (0) l top