前回の記事で、かばんの盗難に遭い、

ゲーム関係の記事が全く更新できなくなった以上、

何かしら、それに変わる記事を立ち上げないと、ブログとして成り立たない。



‥ふと、ブログを記事を振り返ってたら、

ブログを初めて更新したのが2012年9月18日

既に4年が過ぎたということに実感が湧かない。




ということで、


今回は自ブログの歴史を振り返ってみることにしました。




本来、この記事は、ブログ閉鎖時の最期の更新として考えていたんですが、

よくよく考えれば、それは何十年後の話やねんってことなのと、

もし自分が死んだらブログはそのままで、閲覧者は何も訳も知らず時が過ぎてしまうので。






そして次回記事ですが、


もはや4年以上経って今更感でありますが、

アクセス数も6桁の大台に乗ったということで(これも今更感)

バトンをやってみようと思います。









2012年9月18日

更新開始

自ブログが初めて更新した日。

その頃は、今の記事とはかけ離れた攻略wikiとして続けていく予定だった。

やはり自分の思い通りにはいかないものだ。

余談だが、この日は整数論の「ABC予想」を証明する論文を発表した日でもある。


2012年9月20日

FC2のランキング登録日

ここからブログの正式な更新が始まる

当時は、ダイレクトでhtttpを入力をしないと到達できないページであった。




2012年10月17日

モンスターパークでの未確認装備

このブログで初めてコメントが届いた日

初めてのコメントは指摘コメントでした。

この頃から自分はwikiに向いていないと薄々感じていた。




2012年10月22日

アディショナル潜在

ここから攻略記事から日常記事になっていく

この頃からブログ名で引っ掛かるようになってくる





2012年11月4日

11/03シグナス遠征

初めて自分以外のグループでボスなどを倒す画像記事を投稿する

大抵の方々は名前などを晒されるのを嫌う為、モザイクなどを掛けるようだが、

当時の自分は何故隠さなかったのだろう。




2012年11月10日

ブログ内初強化

メイプルストーリーの記事として大きな成長を掴むきっかけの記事

無課金×過疎鯖というところを活かし、

お金を掛けなくても強くなってみせると他の無課金プレイヤーを元気づけるために、

尚、当時は廃人だらけが普通なので周りからしてはマイナーがちのブログだった。




2012年11月21日

スペシャル企画①過去話

黒歴史その①

コメントをくれた方のリクエスト要望に応えて実践するもの

現在はさすがに自分でも今はできない。

だけど、これが後に強みとなった本気検証の記事の原点。

ちなみに、このシリーズの②でやや炎上してそこで企画終了。





2012年12月14日

10k間近イベントを考える

この頃にアクセス数が10000を突破

そして、無課金なりの自分の意思でイベントを行うようになった。

当時、椚イベント執行委員などというブログが存在して、

過疎であるこの鯖を盛り上げようという方々がいて、

それに共感できるところの自分も何か協力したかったところもありましたね。

何しろ、そちらを運営してる方々とは無縁の仲でしたから。





2012年12月20日

塔の落ちは修正されないのか?

ブログ全盛期

ここから今の自分として想像できない快進撃を続け、

ブログ更新頻度は1日に2回を超えることもしばしば。

当時はとにかくひたすら更新しまくった。

無課金なため、ネタが尽きなかったのもあるが、

何より、ギルドに入っていなかったのを最大限に利用し、それを活用した。

この頃から既に、バナーを文字に変換していたのもあり、

後に、3位に昇りつめてしまう予想外の結末になってしまった。

それでも当時のランキングは10位前後だった(INは250 OUTは8000ほど)




2013年1月5日

今ならできる目標

ブログ全盛期終焉

無課金には夢である140マントを作成し念願の装備。

東京名物エレメントピアス作り

イベント書による非常に運の良い強化によるP稼ぎ


この3つの影響力が多く、

1月の時点で1日のアクセス数が1000を超える。

そして、この頃から有名な方から声を掛けられるようになった。

今の自分でも、この時に書いた記事は誇りに思うし、

よくこんな場違いな記事を書けたと関心してる。






2013年2月25日

春季講座の始まり

ブログランキング脱退


気付いたのは、夜中に拡声器で知ったから。


3位 IN950 OUT25000↑


確か直後は驚いたというより恐ろしかったの一言だった。

しかも当時は、2位の方がプレゼント応募のブログだったので実質2位でした。


その2日後にランキングを抜けました。

本音は、春季講座による更新低下と、この先どうなるかが怖かったからでした。

あるコメントで、この記事はつまらないと言われてショックでしたが、

逆にもっと更新してほしいやら、最上位のブロが―の方がコメントくれた時は本当に嬉しかった。

‥正直あのまま止めなかったらどうなっていたんでしょうね。


逆に、他の方々から見れば、一気に上位になった直後にリストから消えたので、

悪質な自演ブログという記憶に思われてるでしょうね‥







2013年2月26日以降


黒歴史その②


更新低下と思わせて毎日更新してましたね。

ブロランも再び復帰してましたが、

あの時のように支持を得るのは不可能でした。(最高で11位)

当時の心境は、かまってほしい部分が大いにあったと思います。

この日を境に、本当にブロランから退会していきました。

この時点でのメイプルトータルアクセスは16万でした。

そして、この頃からPCの調子がおかしくなり、徐々に長居プレイができなくなりました。






2013年7月


メイプルブログとしての衰退期


この頃は、

梓ブログリンク・メイプル総合リンク・JMSアンテナ というものにお世話になってましたが、

そのうち自ら退会を申請し、アクセス数を削り、メイプル界から姿を消していきました。



その後、2014年5月までメイプルストーリとして記事を更新してきましたが、

遂にメインとしての記事が終わりを告げました。






2014年5月~


パワプロ2013

ぷよぷよテトリス

この2つを中心に更新しはじめる

この頃からメイプルにINする頻度が大幅に減る

まだ毎日のように更新しようと思う気持ちはあった。





2014年8月~


ここから現在の記事の中心であるメダルゲームが始まる。

メダルゲーム自体は、昔から趣味としてプレイしていて、

ドラゴンパレスやフォーチュンオーブ世代からずっと遊んできました。

初回の記事はアニマロッタ2であり、攻略を中心に考えていた。





2014年7月~

少しメイプルに対してモチベーションができてやや復活する。

それとほぼ同時に20万アクセスを達成する。

そしてパワプロ2013が終了し、2014に切り替わる。

この頃になって、念願である検索キーワードに引っ掛かる快挙を得る。

正し、既にリンク集を抜けて以降、以前の様な活動はできない。






2015年1月~


パワプロ2014の記事としての全盛期


栄冠ナインを中心に更新していき、

一時はスポーツゲームサイトのリンク集に乗ってしまうという恥を書いた。

公式95連勝や、オールS選手などなかなか納得できる記事を出せた。

また、リアルについての更新もここらへんからし始める。

ネタが尽きてきたというのもありましたね。






2015年6月~


更新頻度が1週間以上放置されるのが日課になる。

酷い時は1ヶ月以上更新せず広告が出ることも。

リアルで色々忙しく、まともにブログに触れていなかったと思います。

これ以降、ほとんどの記事がメダルゲームを占める。






2016年10月~



メイプルストーリーを引退

オンラインから退会し、完全に別ブログになる。

短い期間、パチスロ関係の記事を出したが、

1月に見事な大爆発負けを起こし、準単発記事として終える。

そして現在に至り、

色々と溜まっていた記事が、盗難により白紙となる。












このブログのほとんどの歴史は、メイプルストーリーが大きく関わっていますね。

もうメイプルに関しては全く触れていません。

たまに、他の方のブログを見たりして今の現状を知ってる感じです。



ある日、コメントくれた方が書いてくれた「昔のフレンド」



自分も、昔楽しくプレイしてたフレンドに関して心残りはありますね‥



ss葉緑体ss (葉s)

盗卍ヒソカ卍 (ヒソカs)

blackcompass(黒s)


共に同じ世代に最も関わりを持って狩りなどをしていた方々。

勿論それは5年以上前の話です。

いつのまにか姿を消していき、最後に残ったのが自分でした。

それほどあの頃に思いやりがあったし、彼等がINしてくると楽しかった。

それぞれリアルでは別々の人生を歩んでいるんでしょうが、

もう一度話をしたかったです‥よね。





現在、ブログを初めて5年目に突入しそうですが、

現在の目標は、ブログ史上最長ブログを目指せ(笑)です。

まあ、それまでFC2が存在してるかですね‥



これ以外の詳しい質問回答は、

次回更新予定のバトンで応えようと思います。



それでは。










関連記事
2017.02.22 Wed l ネタ l コメント (0) トラックバック (0) l top





※この記事は2月10日に投稿される予定でした。




本日、置き引きというものに遭いました。


野次馬じゃありません。本人が受けたことでした。



内容としては、


ラウンドワンで起きた出来事であり、

その日は平日で、誰も座ってない空席の内の1つにカバンを確保。

俗に言う場所取りという奴ですが、誰も座ってないので順番待ちの迷惑にならない。

さらには、単にメダルを補充し、2箱程のドル箱を移動させるだけの簡単な作業。


その時間 僅か1分~2分


戻って来た時には、不自然のようにカバンが消失していました。





‥まあね、その直後は、

店員さんが何らかの忘れ物として持って行ったんだと思ってましたよ。

でも、僅か数分で回収されるなんて運がないんだなーと。




すぐに向かうのはちょっと嫌だったので、1時間程遊んでからカウンターに向かう。


「届いてませんね~」


‥まあ、別の店員が何らかの掃除とか見周りで持ってる可能性もあるか‥と。

ここまではまだ内心は大丈夫だと思ってた。

しかし、気がつけば夜8時を過ぎていた。

その間にカウンターに再度確認した数は5回。どれも返事は一緒。

その日が終わり、とりあえず一旦帰宅し、翌日に再び向かう。

しかしその日も返事は同じ。


‥この時点で、カバンを盗まれたということに気づく←遅い

‥それもそのはず、カバンを15年近く持っていてなくなったのが今日初めてだったから。


この時点で、この施設内にカバンが存在しないことが確定的になり、

改めてこの重大なことに焦り、当時盗まれた時間帯の監視カメラについてお願いした。

‥しかし現実はあまりにも残酷であった。



自分が座っていた台は、監視カメラには映らない死角の場所であった(涙)


さらには、「例えカメラで犯人が映ってたとしても、それが盗んだという証拠が掴めない」


そして、「まあ、気の毒だろうが、ご自身のカバンを置いて取られたのはご自身の責任」




そんなはずはない。

どう考えても盗んだ方が悪いのに自分に責任があるなんて嘘だ‥と思った結果。


親「満場一致」

ネット「その通り




全てを行動に移した時にはすでに手遅れでした。





ちなみに、カバンの中に入ってたものですが、


PS VITA (ゲーム機)

年金手帳 (重要品)

銀行手帳 (重要品)

スマホの充電コード

仕事用の書類

仕事用の名札

ブログ用の記事書類

軍手

お菓子

文房具類




特に、VITAはこのブログに欠かせない必需品であって、

購入してから7年も愛用してきた大切なものです。

落としても、雨に掛っても壊れなかったVITAも、

どこぞやの社会のゴミクズ人間によって全てが終わりそうです。



重要品については、とりあえず電話して使われないように設定しないといけません。

手帳はたまたまなのかほとんど残り残高がないのでいいか‥と思ってたら、

来月以降の振り込みされる銀行がここなのでやはりきついです。



仕事用については、完全に相手への迷惑が掛かります。

只でさえ影響悪いのでこれでダダ下がりですね‥



これのせいで3件のブログ記事が潰れました。

○フォーチュントリニティ3について攻略②

○500円スロットを25回検証してみた結果、信じられない遠隔であった

○フォーチュントリニティ3のプレイ日記02/09




ネットで周りの記事見てたのを見てみると、


盗難された物品が返却される確率は2割程


そして中身も無事に返却される確率は1割に
満たないらしいですね‥




大抵発見されるケースは、



ゴミエリア

中身が無事な可能性もあるが、発見されるのは低く、ゴミ車に潰されて消える


溝や川

一番回収されるケースだが、当然電気製品の品物は死亡 紙類も終了



まさにホームレスにふさわしい捨て方から見て盗んだ人間は天罰が下れ。

しかし、どうしようもないのは

盗まれた本人が一番辛いのに、追い討ちをかけんばかりと、

盗まれた自己責任と自分は盗まれてないからこんな発言ができるそいつらもどうしようもないですね。


‥にしても1分ちょっと席を離れて盗まれたのを考えると、

ピンポイントに狙ったとしか考えようがないですね‥





もう見つからない可能性の方が高いですか、僅かな希望に賭けてしばらく待っていようと思います。

すいませんが、ゲーム関係のブログ記事はしばらくできないかと思いますのでご了承ください。


最期にひとこと。


皆さんも、荷物などは絶対に離さないでください。

こうして1分ちょっと離れただけで盗まれたというケースが起きたわけなので、

少しくらい離れていいやと思わない方がいいです。

犯人が計画的犯行の可能性が高いので非常にタチが悪いです。

どんな理由で盗まれようと、結局は自己責任と言われて終わるだけなので‥

メダルゲームやってる皆さんも同じ目に遭わないで下さい。



そして犯人にひとこと。


あなたは、そのカバンを盗んだ時点で犯罪者です。

落し物を拾ったという理由は通りません。

何故なら目の前にコールセンターやカウンターがあるのに、そこに持って行かないのはおかしいから。

まあ、前科の可能性が高いんでしょうね。何人の荷物に同じことをしてきたのか。

反省の1文字でもあるのなら、直ちにそのカバンを届けて下さい。

今なら間に合います(記事的に)

欲を言えば自首して下さい。






そして結論。




今の世の中の方針じゃ、

放置した本人が悪いんですね。





関連記事
2017.02.13 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top