このブログは2012年9月が始まりなわけで、

当時は考察などWiki的なブログ記事を作成する予定だったんですね。

しかし、いつのまにか自分にそういうのは向いていないと悟り、

メイプルストーリーの無課金日記をモチーフとして頑張って更新してきた。

2013年が全盛期と言っても過言ではなく、アクセス数が1000以上安定。

当時ブログランキングに参加してた頃、

有名ブロガーが沢山いる中に支持を頂いたのは本当に嬉しかった。

自分の世代だったブロガー「ox氏」「楓のちぃーくん氏」は特に好きだった頃。

あまりランキングのことに気はしてないが、

一時期、週間INが900オーバーの3位に返り咲いたときは本当に驚いた。

その数日後にランキングから外れ、一時復帰したものの現在に陥る。

~懐かしい峠

ge_20150528103038088.png

当時の自分の記事は、バナーを文字に切り替えて、記事の最後尾に間を開け挿入する方法だった。

これは2012年後期から退会までおよそ1年近く続けていた方法。

バナーを文字にすると[FC2 Blog Ranking]になるのだが、

バランスの偏りが悪いので[Ranking]という文字でいつの間にか固定していた。


バナー違法疑惑事件


知ってる方もいるだろうが、3位直後にあるコメントが来たわけであったが、

言葉遣いと発展から見ればどこかのブロガーさんか或いはあの方に見えなくもない。

当時の自分はこんな対応に全く慣れず、結局負け犬のような形になってしまったですね…

実は、この件についてFC2に違法か問い合わせた結果、

従来通りFC2のバナーテンプレート内で表示していたので結局返事は白(正規)でした。

まあ、INが低い頃もOUTは10000↑ありましたしね。

正し、当時のブログではやはりバナーがメインだったためこんな風に見られてもしょうがなかったですが。

当時から思ってたことがあるんで思い切って言います。

課金と無課金のブログ基準を一緒にするな

強ければ記事はいくらでも思いつく

逆に弱ければ自分で案を作り出さないといけない

面白くないと思う人は課金をして強いから見下せる

強い人が弱い人の記事を見て面白くないと思うのは当然のこと

嫌なら見るな
 これでしょうね。

当時援護コメントくれた方には今でも感謝しています。ありがとうございます。

今考えると凄く懐かしい出来事でした。










話は変わりますが、

今回アップデートによって改変された戦国書

a_20150528111353aa9.png

まーたやってくれたみたいです。

どうやら潜在表記が改変され、高級に至っては9★まで成功率100%というチートアイテム

しかし、案の定表記詐欺ということで失敗されて破壊される事態に。

そもそも以前の戦国高級書も1★で破壊されるのでそれを継承したのかな。

これもしかしてロールバックの可能性あるのでは。

もし来れば心臓復活する可能性が…

…来ないだろうな。



※今日から少しずつメイプルストーリーの記事として戻っていこうと思います。
 訪問者履歴の設定をオンにすることにしました。
 リンクも相互も歓迎

※次回でパワプロの記事を最終回とさせていただきます。
 短かったですが、どうもありがとうございます。





関連記事
2015.05.28 Thu l メイプルストーリー日記(故) l コメント (0) トラックバック (0) l top




a_201505271616277dc.png

確率上有利だと挑んだ自分が馬鹿だった‥

これで財政破綻となりました。
b_20141230182734de1.png

破壊されたのは、UG6のガーネットエピック。

この時点でかなりの額で売れた分後悔が大きい。






‥ふと疑問に思ったが、


ゲリーメル開始の書(片手武器) 60%で成功 失敗すると40%で破壊

ではなく、

ゲリーメル開始の書(片手武器) 60%で成功 失敗すると破壊(残りの40%を意味)

とかの可能性も考えられる。

今までにユニ書仕様や6星書破壊なのでさんざん逃げていたからだ。

1日1回で3分の1は痕跡のハズレとかも含めて洒落にならない。

まだ1回しか貼ってないので分からないが、

次に破壊されたら間違いなく確率詐欺と言えるだろう。

プロテクト貼ればいい→ドロップ修正→課金せよ

無課金者泣かせもいい書だ。


メイプレージで買うがよい→期限付き&期間限定

以前にドロップしていたプロテクトの書の削除とイノセントの追加

これは今回の新しい書のための伏線にも見えなくはない。


皆さんも気をつけて‥











‥心臓消えたのは本当に悔しい‥


関連記事
2015.05.27 Wed l メイプルストーリー日記(故) l コメント (0) トラックバック (0) l top